結婚式 招待状・席次表・ビジネス案内状等ペーパーアイテム専門メーカー
サクライカード オンラインショップ

カート

 

作成時のポイント/結婚式 招待状

封筒への入れ方

結婚式 招待状のセットの仕方は、人それぞれの考え方によって様々な方法があります。
絶対にこうしなければならないとういう決まりはありませんが、ご両親や式場の担当者に方法を確認されると安心です。
こちらでは一般的な例をご紹介していますので、ご参考にしていただければ幸いです。


招待状無料サンプル請求受付中。
実際にお手に取ってお確かめください。

封筒に入れる向き

基本ルール

  • 日本では封筒の表面(宛名面)とカードの表を合わせて入れるのが一般的です。
  • 手渡しの場合は封をしないので、開けてすぐに招待状の表が見えるように封筒の裏面に招待状の表を合わせても良いでしょう。
  • 封筒に切手を貼る位置は、封筒をタテ向きにしたときは左上、ヨコ向きにしたときは右上になります。
 

ヨコ型結婚式 招待状+封筒ヨコ書き
封筒の上下とカードの上下を揃えて入れます。
 
封筒セット1
 
タテ型結婚式 招待状+封筒タテ書き
封筒に宛名を書く時は、封をする側が左にくるようにします。
封筒の上下とカードの上下を揃えて入れます。
 

 
3 ヨコ型招待状+封筒タテ書き
封筒に宛名を書く時は、封をする側が左にくるようにします。
封筒の上下とカードの上下を揃えて入れます。ヨコ型招待状は、横書きの文章の始まる左側を上とします。
 

 
4 タテ型招待状+封筒ヨコ書き
封筒をタテ書きにしたときの上下の向きと招待状の上下を揃えて入れます。
 

 
 

同封アイテムの重ね順

  • 会場地図や出欠はがきなどの全てのアイテムを招待状の中に挟み込むと、招待状の向きによっては封筒から取り出した時に中身がバラバラになってしまいますので、小さな付箋だけ挟みます。
  • ゲストに目を通していただく順番は、結婚式 招待状(+付箋)→会場地図→出欠はがきの順がスムーズかと思われますので、サクライカードでは手前からこの順番で重ねる方法をおすすめしています。
ビジネス箔押しオリジナルタイトル加工オーダーページへ
TOPへ
Copyright © SAKURAI CARD., Ltd. 1998-2015 All Rights Reserved.