作成時のポイント/席次表・パンフレット


来ていただくゲストが確定したら、席次表の作成開始です。 お二人の結婚式をより印象深く、オリジナリティーあふれるものになるように、最近は席次表にメニュー、プロフィール等を加えて一冊のパンフレットのように作られる方が増えてきています。
いつまでも記念に残るような席次表を作りましょう。

席次表のポイント

1

席順のきまりごと


ゲストが確定したら、お二人や御両親、会場の担当者と相談されて失礼のないように決めましょう。
  • 新郎新婦(時にそのサイドにご媒酌人)は入り口から最も離れた 会場中央メインテーブル(高砂席)に座ります
  • 高砂席にむかって中央より、左側が新郎関係者席、右側が新婦関係者席となります
  • 高砂席に一番近い席(最前列中央)が主賓席となります
  • 両親や家族は最後列となります
*席順は主賓、恩師、上司、友人、親族、家族という順に従い上席から末席へと決めていきます。
ただし、順位だけにこだわるよりも、顔見知りの方同士、同年代の方同士を近くの席にする、など楽しく過ごせるように配慮することも大切です。
     
肩書きについて
  • 主賓は一般的に社会的地位の高い方の場合が多く、「株式会社○○代表取締役社長○○」 などと企業名と役職を肩書きとします。
  • 会社の上司や学生時代の恩師、同僚、友人の場合は「新郎上司」「新婦恩師」などとします。
*敬称は基本的に「様」を使い、家族には敬称をつけません。
ただし、家族でも、姓が違う 場合は「様」を使います。
お子様には「くん」「ちゃん」を使うのが一般的です。
詳しくはこちらのページでご紹介しています >>ゲストの敬称・肩書きについて
     
チェック
  • お名前、肩書きに間違いはないですか?
  • 御年配の方が多くいらっしゃる式では、字の大きさにも気を付けましょう。

パンフレットのポイント


パンフレットの内容を決定する
ご挨拶 :来ていただいてありがとうという気持ちを
プログラム :当日のプログラムを
メニュー:おもてなしのメニューを
プロフィール:初対面のゲストにお互いの相手を紹介
新住所:新居案内を
その他、BGMリストなど工夫次第で楽しく心残るものになります。
   
プロフィールについて
二人のことををよく知っていただけるプロフィールは、披露宴を盛り上げるマストアイテムです。
それぞれのパーソナルデータ以外に、二人のなれそめ、思い出、二人の夢など、相談して作成することも、ポイント。
   
チェック
席次表と組み合わせる場合は、席次表を中面にもってくるように、ページを構成し印刷しましょう。

TOPへ
Copyright © SAKURAI CARD., Ltd. 1998-2015 All Rights Reserved.