作成時のポイント/結婚式 招待状


結婚式 招待状は、まずゲストが始めに手にするものです。
季節やお式のイメージ・テーマにあったお気に入りの招待状が見つかったら、早速、作成開始です!
「ぜひ来てください」という気持ちを伝えるためにも、ルールを守って、丁寧な案内をしたいものです。

step.1 文面

結婚式 招待状は、どのような格式の結婚式かといったゲストへの情報となります。
ちぐはぐでしたら、ゲストが困惑されます。
お式、披露宴がフォーマルな場合は、フォーマルに、会費制パーティや手作りのお式などカジュアルな場合はカジュアルにというように式と結婚式 招待状の格を合わせましょう。
>>無料文例テンプレートページ
 

step.2 名義人について

両親名義で出すのが、昔からの習わしでした。
最近では結婚式 招待状の差出人を結婚する二人の名前にされることが多くなっていますが、
この点については 、作成前にご両親と相談の上で決められた方が良いでしょう。
 

step.3 アイテムのチェック

  • 結婚式 招待状(カバー、中紙、リボン)
  • 出欠はがき(出欠の返事用に同封します。切手の貼り忘れに注意)
  • 地図(会場で用意されているか確認を)
  • 挙式案内(文面が披露宴の案内のみの場合、挙式からご列席していただきたいゲストに)
  • その他、カード(演芸やスピーチを依頼するゲストには別紙で)
  • 封筒
    (筆耕に依頼するか、できれば毛筆で。カジュアルな場合は印刷で文面の名義人と、差出人を揃えましょう。特別にお招きする方や、ご媒酌人には結婚式 招待状を持参することが通例となっています。 その場合、宛名には名前だけを書きましょう。)
  • シール(封をするのはノリやテープノリが便利です、その上から貼ります。手渡しする場合は、シールのみにて)
  • 切手(慶事用の切手を。過重料金にならないよう、必ず郵便局で料金を確認してから出しましょう。地方の風景印など消印にこだわるのもステキ。)
TOPへ
Copyright © SAKURAI CARD., Ltd. 1998-2015 All Rights Reserved.